© Nanjo Civil Activities Support Center.

8期生2年次第2回講座

◆イベントやプロジェクトなどの事業を企画する応用編Ⅰ◆

(アイディア出しと模擬企画)


 2年次、第2回目の講座は、イベントやプロジェクトなどの事業を企画する応用編Ⅰということで、今回も前回と同じ、株式会社ジザイカンパニー/REVOLVE 代表 鮫島講師です。

イントロダクションで講師が自己紹介をされた後、フェルミ推定を利用したアイスブレイクです。(質問は、『沖縄に何件、美容室があるか?と、新聞朝刊一部には、何文字印刷されているか?』でした。)




意外な難問に考えこむ市民大学生達


そしてまた、意外な解答を得て楽しみながら、頭を柔らかくしていきます。


脳の準備体操がすんだところで、事業やビジネスにおいて、顧客視点でアイディアを自由な発想で練り、戦略化していくことを鮫島講師の実体験から学びんでいきます。


今まさに、予算が限られ、高コストで手がかかり、不慣れでビジネスの初心者や未経験者ばかりと言われているその地域のコミュニティビジネスに挑戦しようと、また、挑戦中の皆ですから、聴講する眼差しも真剣です。


そして・・・事業のためのアイデア出しの演習に入っていきました。


演習は、2期生と6期生の卒業生も加わり、テンポよく展開しまとまっていきましたが、まるで今までずっと一緒にやってきた仲間のような息のあったワークでした。市民大学の同窓に集う人達の同じ方向を向いているという感覚が気安さを生むのかもしれません。







最後のまとめでは、事業のためのアイディアや企画のポイントをお話しいただきました。


また、現在、進行中のグスクめぐりプロジェクトチームや卒業生は、進行がストップしている空き屋バンク、防災マップチームへの協力を約束し、そして、次回講座は、鮫島講師の計らいで、両チーム寄りのカリキュラムメニューにしていただくこととなりました。


◆次回講座

日時:9月12日(水)19:30~21:00

受付:19:15~

場所:市庁舎 2階 市民共有スペース

内容:事業を企画する〈応用編Ⅱ〉

講師:鮫島 智行 氏 (株式会社ジザイカンパニー、REVOLVE代表)


※市民共有スペース横になんじょう市民活動支援センターがあります。