9期生第9回・10期生第6回合同講座国際交流(南城市×ヴィクトリアス市)

2019年11月12日(火)講座:19:00~20:00 懇親会:20:00~21:00


計10名の研修生及び市長がいらして、市民大学9期生と10期生の合同講座及び交流会を行いました。




南城市・ビクトリアス市の自立的発展のための地域活性力強化プロジェクトということで、ビクトリアス市はフィリピンのネグロス島=「砂糖の島」と呼ばれるフィリピン1の砂糖生産で有名であったが、1980年代半ばに砂糖の国際価格の暴落に伴い、ネグロス島は農園を閉鎖し、多くの労働者が仕事を失い、子どもたちの飢餓が深刻となった。そこから砂糖依存型産業からの転換を行うプロジェクトが開始された。それが有機農業と観光を組み合わせたアグリエコツーリズム(AET)である。


2014年10月南城市モデルを活用したビクトリアス市アグリビジネス/アグリエコツーリズム強化プロジェクトを開始。ビクトリアス市が目指すものとして、有機農業などの地域資源を最大限活用し、有機農作物の栽培や加工、直売所、レストランでの提供、観光農園など6次産業化を主に、ブランド化、プロモーションを行い、観光地化して人を呼び込むという目標を掲げた。

フィリピン・日本で行った有機農法の研修・実習から得たノウハウを活かし、農家の生産技術の安定。またファームツアーやファームスクールなどを行い観光客数の増加を図った。結果として観光客数もおよそ2倍に増加、学校に行く子どもが負家、94%も犯罪率が減少。返済方法が市役所で年100時間働くという奨学金制度も取り入れた。


AETプロジェクト概要の紹介              AETビデオ紹介


なんサポについて研修員へ紹介


なんサポが市民に対して行っている事業について説明。









市民大学生より自己紹介

市民大学生の方々に自己紹介と挨拶をしてもらいました。









懇親会

参加可能な学生と研修員で交流会を行いました!



最後はもちろんかちゃーしーで締めくくりました。市民大学生の方々も研修員の方々も言葉の壁を越えて楽しく交流していました。

みなさんにとっていい機会であったことと願います!

© Nanjo Civil Activities Support Center.